Login rebuilder等変更したログインURLを忘れてしまった時の対処

01wordpress

備忘録です。

 

SiteGuard WP Plugin というセキュリティを向上させるプラグインを使用、

ログインURLの変更だけ上手くいかなかったので Login rebuilder を追加でインストールしています。

 

 

「/wp-admin」でログイン画面にいかないようにする

「https://○○○.○○/wp-admin」でログイン画面を表示させないようにする設定

ワードプレス公式の質問フォームで質問した内容まとめです。

(質問タイトル「「ログインページ変更」 ONにしても/wp-adminでログイン画面に入れるSiteGuard」)

 

ワードプレスで作成したサイトはなんの対策もしないと、アドレスのうしろに「/wp-admin」と打つと誰でもログイン画面に入れてしまうのでログインURLを好きなものに変えたかった。

SiteGuard WP Plugin をインストールして有効化。

 

 

ですがこれでいいはずとログアウトしてみて再度「https://○○○.○○/wp-admin」入力、

 

02wordpress

 

 

ログイン画面がでてしまいました。なにゆえ・・・?

 

ログインURLを忘れるとログイン画面に入れなくなってしまう事から、「/wp-admin」でのログイン画面表示の禁止をしないでとリクエストがあったそうです。

その為「https://○○○.○○/wp-admin」でログイン画面を出したくない場合自分で「管理ページアクセス制限」をONにする必要がありました。ONにして再度ログアウトして挑戦。

 

何故かそれでもログイン画面はでてしましました。

IPアドレスとかなんちゃらの関係で、

24時間以上ログインしてない環境の端末から試さないといけないという回答いただきました。

 

なので別のパソコンからためしたところ、
03wordpress

 

あれ!?ログイン画面でちゃいました。;;

 

時間かけたくないのでログインURLの変更は他のプラグインを使用することにします。

 

 

Login rebuilderでログインURL変更

 

1.SiteGuardの「管理ページアクセス制限」「ログインページ変更」をOFFに

04wordpress

同じようなプラグインでおかしくならないように念のためOFFにしました

 

2.Login rebuilderをインストールし有効化

 

05wordpress

 

3.設定>ログインページ設定

06wordpress

ログインファイルキーワードは既定のものが自動で表示されてたのでそのまま、

新しいログインファイルを好きなものに。

例えば 「aaaaa.php」 と打てばログインURLはここの場合 「http://www.kozinnouenn.net/aaaaa.php」に変わります。

ステータスを「稼働中」に

「変更を保存」をクリック

 

4.ログインURLの変更完了!

07wordpress

 

ログアウトして/wp-admin を入力したら無事成功していたら完了です。おつかれさまでした。

 

 

変更後のログインURLを忘れてしまった時

2017年1月5日に久しぶりにブログにログインしようとして、最終ログインURLを控えていなくてログイン画面にたどり着けなくなりました。

対処法を記録しておきます。

FTPを開く→直下にログイン用の.phpが作成されていた。

login.phpで作っていたとしたら・・・

http://○○.net/login.php

でログイン画面を開ける。

 

焦りました。入れて良かった^^

 

 

 

 

 

 

恐ろしい乗っ取りからSiteGuard WP Pluginで守る。ログインURLを「/wp-admin/」から変える方法など

この記事を見た人はこちらの記事も見ています

当たるという精密な性格診断テストがすごかったのでご紹介です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA