個人事業主とマイナンバーの関係は?ざっくりまとめ

マイナンバーって個人事業をしてたら何か対応しないといけない…!?

報酬を受け取る側、支払う側で対応しないといけない事が全然違いました。

(専門家ではない、はじめて個人事業主になった者のまとめです。およその参考程度にし、気になる項は詳細は専門機関に問い合わせて下さい。)

 

報酬を受け取る側
・源泉徴収が発生する取引先から、提出依頼があれば番号の分る書類等のコピー提出

報酬(給与)を支払う側
・従業員の源泉徴収票等に必要
・従業員や取引先のマイナンバーの安全な管理法の要勉強
・支払調書を発行する場合
・etc

 

報酬を受け取る立場でやることは簡単

報酬受け取り

取引先から支払調書用に提出依頼があった時必要

支払ってもらう相手が支払調書を作成する場合、受け取る側のマイナンバーを記載する欄があります。
そこでこちらの番号を伝える必要があります。
その時以下の物を提出することになります。

取引先から「マイナンバーの番号を教えてください」と連絡がきたら、

  • 番号確認できるもの(通知カード等)+身元確認できるもの(運転免許証等)

または

  • 個人番号カードだけ

どちらかのコピーを提出します。

 

以上です。

 

報酬を支払う側になる場合は?

報酬支払

 

従業員を雇っている場合(源泉徴収義務者)は要対策

従業員を雇ったり、誰かに仕事を依頼する立場になる場合はマイナンバーで対応する項目が多いです。
以下参考になるサイトのリンクまとめました。

 

 

個人事業主マイナンバー対策参考サイト

THE LANCER / マイナンバー制度、フリーランス・個人事業主の必須知識

MFクラウド / 支払調書の発行義務はあるのか?

MFクラウドマイナンバー / マイナンバー制度導入で個人事業主が対応すべきこと

個人事業主メモ / マイナンバー制度と個人事業主

国税庁 / 法定調書提出義務者・源泉徴収義務者となる事業者のための社会保障・税番号制度の概要 (PDF)

 

提出依頼文参考サイト

会計事務所の道具箱 / マイナンバー提出依頼文例

 

マイナンバーの管理方法関連

一般社団法人マイナンバー推進協議会 / マイナンバーの管理方法は今までとは違う?企業の対策と運用のポイント

スモビバ! / マイナンバーの記載された書類の正しい管理法

リシテア / 【1-1】マイナンバー制度とは? 検討を早期に行なうべき3つの理由

 

マイナンバー対策

この記事を見た人はこちらの記事も見ています

当たるという精密な性格診断テストがすごかったのでご紹介です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA